ギャルが会社立ち上げに関わるブログ

webディレクターであり、役者であり、ラッパーである松島やすこが、「渋都市株式会社」の経営および諸手続きに奔走するブログ

ギャル、融資を取る💖その2 中小企業向け制度融資への申し込み方法とは?

ヤッホーー!

Yascoだよ。

f:id:yasco1candy:20180125233547j:image

2018年、ガールたちはどんな年明けだった?

Yascoは初詣に行ったら

寒くて風邪を引いて、3が日バッチリ寝込んだよ😷

おみくじ吉じゃねえのかよ😱

 

まだまだ寒い⛄️から

ガールたちも気をつけてね😵

 

Yascoたちの渋家株式会社

コンサートの演出をメインでやっていたから

音楽系の会社さんとのつながりが多かったんだけど

最近はその他の業界の会社さんとの

関わりも増えてきたんだ👪

 

みんなに渋家株式会社のことを

もっと知ってもらいたいから

なかなかブログを更新できていなかったけど

2018年はしっかりアップしていくつもり👊

 

さてさて、今日は前回レクチャーしていた

地方自治体の中小企業向け制度融資について、

具体的にどんな手続きが必要かを

書いていくよ✏️

 

🔽前回までのプログはこちら🔽

yasco1candy.hatenablog.com

 

前に書いた通り、

銀行からお金を直で貸してもらうプロパー融資

会社を始めたばかりのガールたちにとって

なかなかハードルが高いかも💦

 

そんな中、ビジネスローンみたいな

金利がめっちゃ高い融資じゃなくて

安定した運転資金調達をするには

保証会社や自治体が間に入ってくれる

信用保証付き融資

一番いいかも、っていう話だったね💰

 

そんなわけで、

Yascoたちは渋家株式会社の本店がある

目黒区の制度融資に申し込みをすることにしたよ。

 

最初に、申し込みのステップが

どんな感じになっているかを

軽くCheckしてみるよ✨

 

区に相談に行って、申し込み用紙をもらう

申し込み用紙と必要書類を持って区の窓口へ

区からあっせん書類をもらう

区が提携している銀行に連絡をする

銀行の方と面談する

保証協会の方と面談する

耐える😭

融資結果が出る👼💥👿

 

こんな感じ〜

初めての融資の場合は

だいたい1ヶ月〜2ヶ月くらいかかるみたい!

大事なお金を貸してもらうわけだから

そんなホイホイ出てくるわけじゃないんだね…💸

ガールたちもあまりに切羽詰まる前に

資金繰りについて考えてみてね😭

 

それじゃあ個別のステップについて

レクチャーしていくからついてきて🏃

 

①区での手続きについて💞

まずはガールたちの会社がある

地方自治体のサイトで制度について調べてみよう👓

今回はYascoが手続きをした

目黒区を例にして書いていくよ。

 

融資あっせん制度一覧 目黒区

 

ひとくちに融資とは言っても

結構いろんな種類があるみたい👀

 

🙍「ぶっちゃけどれがいいんだかわからん

 

とりあえず担当の窓口に連絡をして

面談をしてもらうことに…

ちなみに大人は暇じゃないから

ちゃんと電話で予約を取っていこうね☎️

 

面談にあたって、いくつか資料を準備していこう📓

 

●決算書、確定申告書

→サイトには3期分必要って書いてあるけど

もちろんガールたちの中には

創業してから3期経ってない会社もあるよね。

Yascoたちは、創業は2011年だったけど

休眠期間ががっつりあったから、

とりあえず2016年、2017年の2年分を

持って行ったよ。

 

●直近の売上伝票

→決算書には書いてない、直近の売上で

わかっている分があったら

それをまとめていくとGood👍

 

特に、融資の相談をするタイミングが

半期過ぎてから…っていう場合は

前年度と結構状況が変わってるケースもあるはず。

その時は、「上半期の試算表を持ってきて!」って

言われる場合もあるから気をつけて💦

 

自分たちで帳簿をつけてる場合

「忙しいから年度明けてから鬼計算するわ〜」って

思ってるガールもいるかもしれないけど

意外と試算表とか作るの

だるい時間かかるんだよね…😭

日頃の積み重ねが大切💪

 

📅2017年6月8日

目黒区の商工相談所

まずはYascoひとりでお邪魔してみたよ。

会社の事業のことや資金の状態について

ざっと説明してみると…

 

👴「結構機材をたくさん買ってるみたいだけど

今回も特定の機材のためにお金を借りたいの?

🙍「いや、全体的にお金がないっすね」

 

👴「それであれば、設備投資じゃなくて運転資金だね。

創業1年未満だと創業支援資金融資の対象になるけど

Yascoさんの会社は2011年創業だから、

書類上は8期目になるね」

🙍「ぐぬぬ

 

👴「あと、直近3ヶ月…3〜5月の売上が

前年度の売上と比較して減少していると

経営安定資金特別融資って

いうのもあるんだけど…」

🙍「今年の5月めっちゃ売上調子いい…

病院連れて行くと元気がいい

うちのじいちゃんみたいだ…」

 

👴「そしたら、Yascoさんの会社は

社員がまだ少ないから

小口零細企業資金融資が良さそうだね。

 

小さい会社はどうしても

売上のアップダウンが出やすいから

小口零細企業保証制度っていって

信用保証協会が100%保証をしてくれる制度が

適用される融資があるんだ。

そうすると銀行も比較的お金を

貸してくれやすくなるんだよ」

🙍「やばい」

 

👴「あと、この融資だと、

年利1.8%の一部を区が負担するから

実質年利0.8%で借り入れができるね」

🙍「税金払ってきた甲斐があった」

 

👴「あ、ちなみに税金は滞納してないよね?

区の融資を使う条件として、

所得税法人税)、住民税及び事業税を滞納していないこと』っていうのがあるんだけど…」

🙍「税金払ってきた甲斐があった…!」

 

📆2017年6月15日

そんなわけでYascoたちは

小口零細企業資金融資

申し込みをすることになったよ💰

 

相談の時にもらえる申込書の他に

必要な書類がいろいろあるから

忘れずに持って行ってね💦

実際に窓口に行くと

チェックリストがもらえるから安心😊

 

・履歴事項全部証明書

・印鑑証明書(会社と代表者の分)

・納税証明書

・月別売上高の明細  (書類に月別の売上を記載する時に使うよ)

 

ちなみに… Yascoたちみたいに機材を扱っているガールたちや

工場なんかの設備が必要な場合には

運転資金じゃなくて、設備投資資金として

お金を借りることもできるみたい🏦

 

その時はどんな設備を作るのか、

あとどのくらいお金がかかるのかっていう

詳細の見積もりも一緒に持っていく

必要があるんだ。

設備投資をするガールたちは

そのあたりの準備も忘れずにね☝️

 

あと、大抵法人で大きい融資を取る時は

代表者が連帯保証人になるんだけど

申し込みの当日は代表者が

顔を出さないといけないから

しっかり代表のガールたちの

予定をチェックして行ってね✏️

 

当日は必要な書類がちゃんと出ているかを

係の人とチェックして終了💨

 

👴「これで面談は終了なので、

特に内容確認して問題ないようであれば

区からのあっせん書を発行するね。

それを持って銀行に行ってください」

👪「うおおおおおおお!!」

 

👴「あ、これはあくまでも

区が確認をしましたよっていう書類だから

必ずしもこの後銀行がお金を貸してくれるって

わけではないんだ。」

👪「盛り上がってすみませんでした」

 

👴「だから区が提携している銀行に電話をして

あらかじめ相談の予約をとっておく

スムーズに進むよ。

 

あ、あとちなみに、いわゆるメガバンクよりも

信用金庫の方が融資を取りやすいとは言われるね。

メガバンクはある程度の年商の会社でないと

お付き合いをしてくれないケースが多いから」

🙍「即TELします

 

区でもらえる資料の中に

融資相談ができる銀行が一覧になっているから

電話する前にCheckしてみてね👀

 

ちなみに銀行によっては地域の担当範囲があって

ガールたちの会社がその区域外だと

対応してもらえないケースもあるから

(ピザの配達みたいだね)

電話でしっかり確認してみよう🍕

 

そうしてあっせん書が発行されたのが

📆2017年6月19日

その翌日に、銀行との面談を設定したよ✨

 

そんなわけで今回はここまで😉

長くなったけど読んでくれてありがとう!

次回はいよいよ銀行との面談

その手続き周りについてレクチャーしていくね💵

 

それでは BYE〜

Yascoでした🙆